@cikarang

インドネシアはリッポーチカランでの生活を記録に残し、記憶にとどめる。

広島 宮島の「厳島神社」はサイコーに楽しい!?その理由とは!

帰国後、もっと日本の良い所を見ていこう、という気分になっているのは、日本を外から見ていたせいであろうか。 GWに「広島」を訪れた。「広島」と聞くだけで平和の匂いがぷんぷん漂ってきそうだ。きっと日本の良い所があるだろうと。 広島に観光地はたくさ…

日本の初夏のお裾分け─。

桜もすっかり散り新芽が顔をのぞかす。もうすぐ5月ということで、日本の初夏をお裾分け─。 まずは、鯉のぼり。溺愛する娘の幼稚園で気持ち良く泳いでおりました。 広島カープの快進撃は鯉のぼりの季節まで…、というのを最近はすっかり聞かなくなったね。3連…

チカランのメルマガ「チカラン日本人会メールマガジン」をご存知?あれサイコーです!

もう vol.57 を数えるインドネシア(チカラン周辺)のメールマガジンをあなたはご存知だろうか? 生活に密着したとても実際的な情報が、タイムリーに発信されている。しかも毎週だ。チカラン日本人会に入会すると、無料でそのメルマガが届くのだ。 チカラン…

4年ぶりの日本の春─。

春がきた。何年振りかの日本の春を、ビールとともに過ごしてみる。 春は過ぎ去るのが早いから、久々の春を記録に残し記憶にとどめる。 来年もまた来るんだけれども。 春のお裾分け─。 息吹を感じる。久しぶりの日本の春に素直に感動。 酔いも助けて、春の一…

帰国後 インドネシア人の友人が日本にきた!〜スラバヤ編〜

インドネシア人の友人との東京観光も、これで最後の訪問場所だ。 蕎麦→ビール→お茶 ときて最後は「スラバヤ」だ。 スラバヤといっても何てことはない。調布のパルコ最上階にあるインドネシア料理屋だ。 インドネシアにいたときには、とってもとっても日本食…

帰国後 インドネシア人の友人が日本にきた!〜お茶編〜

蕎麦を食べビールを飲んだ我々(インドネシア人の友人と僕)は、次に「お茶」へ向かう─。 蕎麦編、ビール編はこちら↓ http://www.shogot1978.com/entry/2018/03/22/帰国後_インドネシアの友人が日本に来た!〜蕎麦 http://www.shogot1978.com/entry/2018/03/…

帰国後 インドネシア人の友人が日本に来た!〜ビール編〜

蕎麦でジャパニーズヌードルを堪能した我々は、次にビールに向かう。 蕎麦編はこちら↓ http://www.shogot1978.com/entry/2018/03/22/帰国後_インドネシアの友人が日本に来た!〜蕎麦 □ビール ただただビールを飲んでも仕方がないので、サントリーの「天然水…

帰国後 インドネシアの友人が日本に来た!〜蕎麦編〜

先日、インドネシア人の友人が日本に来た。研修か何かで日本へ出張ということらしい。滞在場所は東京なのだが、これは滅多にない機会と思い、大阪から東京までわざわざ足を運んだ。 彼は初めての日本ではなく、今回で4回目だそうで、基本的な東京観光はもう…

帰国後 「豆男珈琲」の活躍をやけに耳にする。

未練がましいと言えば未練がましいのだが、以前チカランで受け取っていたメルマガやチカラン会やデルタマス会などの案内メールなどを未だにそのまま受け取っている。 集いにはもちろん参加はできないが、受け取った情報からチカランがどう変化しているのかを…

帰国後 「Bon Cabe」や「サンバルソース」を日本で食べてみたところ…

日本食はもちろん美味しいし、日本のお酒なんて素晴らし過ぎる、と思う。日本に帰ってきて、その恩恵を目一杯に浴びれるのが何よりの幸せだ。 その一方で、インドネシア料理がとても恋しくなったりもする。これまで毎日のように食べていたものがある日突然な…

帰国後 日本三大珍味「このわた」はサイコーにウマイ!

世界三大珍味は「トリュフ・フォアグラ・キャビア」食べる機会は滅多にないくせに、すらすらと言えてしまう。 一方で、日本三大珍味は?と聞かれたらすらすらとは出てこない。そればかりか出てこないまでありそうな様子。これでは、非常に具合が悪い、日本人…

帰国後 「りんくうゲートタワービル」日本で三番目に高いビルでランチビュッフェするのも悪くない!?

「りんくうゲートタワー」というビルは、泉佐野市では一際目立つ建物で、どこにいても目に入ってくる。 泉佐野市が田舎だから少し高いビルが目立っている、というつもりはさらさらない。なぜなら、やけに高いなと思い、何気なくグーグル先生に尋ねてみると「…

帰国後 泉佐野市で「そば打ち教室」に参加してみた。

インドネシアでそば打ち名人に出会った。その記事はこちら。http://www.shogot1978.com/entry/2017/11/04/リッポーチカラン_「そば打ち名人」に出会った! この日を機に、自分でそばを打ってみたいと想うようになった。 帰国後に、その想いはアンテナを張り…

帰国後 「運転免許の更新」期限過ぎても大丈夫だが、パスポートの出入国スタンプは押しておいた方がよい!?その理由とは…

「運転免許証の更新を怠ってた!」帰国後に最もドキドキしたことである。 「海外で駐在している人は更新の期日が過ぎても何とかなる」みたいなことを聞いていた。だから、比較的余裕に構えていたのだが、いざ帰国し確認してみると、意外と焦ったので記事にし…

帰国後 続「霧島酒造」の焼酎の種類の多さにびっくり!

先日「霧島酒造」について、霧島の色をあれやこれやと書いてみた。こちら↓http://www.shogot1978.com/entry/2017/12/24/帰国後_「霧島酒造」の焼酎の種類の多さにびっくその中で「金霧島」は価格面でなかなか手を出しにくい、と半分あきらめていた。 ◻︎金霧…

帰国後 「痛風」を発症。その言い訳を考えてみる。

日本に帰ってからしばらくして「痛風」を発症した。のっけから汚い足の登場で恐縮だ。 写真ではわかりにくいが、左足のくるぶしあたりが腫れ、歩けないほどの痛みが伴った。典型的な痛風の症状だ。 痛風を発症して嫌なことは、周りの人間からの言葉だ。「お…

帰国後 「ラーメンむさし」日本のラーメン屋はやっぱりウマイ!

インドネシアでは、日本のように美味しいラーメン屋になかなかありつけない。当たり前と言えば当たり前の話ではあるが、ラーメン屋は限られた場所にしかないし、美味しい店はそのうちのほんの一握りしかない(多少大げさな表現かもしれない)。 だから、インド…

帰国後 青空市場の二階にある「イルカ」はサイコーだ

これは「青空市場」だ。 一階は市場で、獲れたての魚達が、新鮮さを競い合っているかのように並んでいる。 二階にはレストランが二つある。 「イルカ」と「海鮮まいど」である。ネーミングだけで判断すると「海鮮まいど」の方が断然美味しそうだ。 だが、実…

帰国後 新鮮さを求めて 泉佐野「青空市場」へ─。

泉佐野市は海がとても近い。自宅からでも自転車で15分もあれば、海岸まで行ける。 そんなロケーションの町なので、魚介類がとても新鮮だ。新鮮とは美味しいと同等な意味合いだ。新鮮さという価値を求めてちょこちょこ市場を訪れる。このへんじゃ市場はたくさ…

帰国後 「霧島酒造」の焼酎の種類の多さにびっくり

日本に戻ってからは、スーパーに並ぶお酒を眺めているだけで、何だか安心できる。いつでも安価に入手可能という意味で。 そんな風にスーパーに行くたびにあれこれ見ていると、たまに発見もある。 定番の芋焼酎で、抜群の知名度を誇る「霧島酒造株式会社」に…

帰国後 ピエールエルメでドゥミルフィーユ??

唐突ではあるが、ある日の飲みの席で「ピエール エルメ の ドゥミルフィーユは素晴らしいよね」という話になった。 はじめは、何の話をしているのか全くわからなかった。外車のことなのか、ブランド衣類のことなのか。あるいは、何かのスポーツのどこかのク…

帰国後 大阪の粉モノ文化を堪能する。「文福」とか。

大阪と言えば、粉もの文化である。大阪に移り住んでから、もう何度口にしたことか。お好み焼き、たこ焼き、その手のモノを、僕はこよなく愛する。 らーめんが万人から愛されているように「たこ焼きがキライ」という人に僕は未だかつて出会ったことがない。イ…

帰国後 大阪体育大学の学祭で「体験」と「たません」と。

大阪体育大学と言えば、大リーグで活躍している上原浩治を連想する。他は誰も思い出せない、ネットで調べても。体育大学と言えども超一流のスポーツ選手なんて、意図も簡単には輩出できないのであろう。 その大阪体育大学を訪れた。 学祭で「子供に体操の体…

帰国後 らーめん屋「あさひ」がウマイ!泉佐野市の。

「もう塩らーめんは始まったのだろうか?」 リッポーチカランの「トリキング」は、僕の大好きな居酒屋で、特にらーめんはラーメン屋と間違えるくらいの質の高さを提供してくれる。 http://www.shogot1978.com/entry/2017/10/12/リッポーチカラン_「トリキン…

帰国後 移動手段が劇的に変わり、変わったこと。

インドネシアでの移動手段は、こんな感じだった↓。 http://www.shogot1978.com/entry/20170204/1486207794 ほぼ車を使っての移動だ。通勤はもちろんのこと、歩けなくもない距離でもウーバーやグラブなどの配車サービスを利用するのが、日常的になっていた。 …

帰国後 大好きな「納豆」のお話

僕は無類の納豆好きだ。いや、「無類の」は言い過ぎかもしれない。僕はとても納豆が好きだ、の方がしっくりきそうだ。 なぜ納豆が素晴らしい? 納豆にタレをかけてそのまま食べる食べ方が一番好きなのだが、納豆の素晴らしさはその美味しさだけではない。 マ…

帰国後 日本のスーパーの素晴らしさを再認識

「パパイヤ」や「ファーマーズマーケット」や「ハイパーマート」は、今となっては懐かしい響きだ。 これらのリッポーチカランにあるスーパーに対して、初めは「抵抗感 (価格や鮮度や質などの面で) 」があった。 でも人の慣れというのは大変優れもので、訪問…

帰国後の心境 カーシェアリングに新鮮さを覚える「浦島太郎」の症状

シェアする、という考え方に僕は賛同できる、例外はあるが基本的には。 食事のときの食べ物のシェアは多少の抵抗感がある、みたいな例外だ。僕は、控え目な性格な上に大食漢なので、食べる量と速さに気を使い、戸惑ってしまうのだ。 世の中はここ最近、グッ…

帰国後の心境 関西国際空港のお店達と共に…

インドネシアはリッポーチカランでの生活を終え、日本に戻ってきた。 最近はネットの普及が素晴らしいので、そこまでではないと思うが、あの「浦島太郎」さんが感じたような「時代からの取り残され感」みたいなものを少しでも味わえるのなら、そういったこと…

リッポーチカラン さようなら!

2017年10月10日を最後に、僕はインドネシアを後にした─。仕事の任期終了である。合計で5年ほどインドネシアに関わったことになる。 あまりにもインドネシアを好きになり過ぎたので、後ろ髪を引かれるどころか、身が引き裂かれる思いで、帰国の途に着いた。…